これから育毛法|気を付けなくてはいけないミノキシジルの副作用

これから育毛法

頭皮をおさえている男性

別の記事を読んだ方には「ミノキシジル」の副作用についてはわかっていただいたかと思うのですが、「では、これから何を信じて育毛剤を使えばいいのだ!」と思うかと思います。ここでは「ミノキシジル」ではない新しい育毛効果のある物を紹介させていただきます。
まず紹介したいのが、植物性タンパク質。これはかなり重要な基礎となります。髪を生やすにしても「元」となるものがなければ意味がありません。そのためには植物性のタンパク質を摂取しましょう。植物性タンパク質は大豆に多く含まれています。その他には「きな粉」や「落花生」「ゴマ」などが有名です。
人間の体はほとんどタンパク質でできています。体の中に摂取された植物性タンパク質は「臓器→骨→肌→爪や髪の毛」と体にとって重要な部分から回されます。そんな中で髪の毛は体の中にとっては優先順位が低いため後回しにされがちです。
昔の日本では大豆を多く摂取している事で有名でした。この植物性タンパク質は体にとっては非常に重要で他の病気や肌トラブルの改善にも関係すると言われています。髪の毛の基礎となる植物性タンパク質はできるだけ多く摂取するように心がけましょう。
さらに、次に期待されているのが「ノコギリヤシ」。これはアメリカ先住民のインディアンが常用していた薬草の一つで天然由来の栄養素になるので副作用はありません。しかもこの「ノコギリヤシ」は「頻尿改善・薄毛改善・精力改善」と薄毛が治るだけでなくお得な特典もついています。薄毛も治って精力も回復するとなると男性は欠かせない物かもしれません。さらに亜鉛も加えればもう薄毛対策には万全の状態。
これからの時代は「ミノキシジル」ではなく「ノコギリヤシ」の時代と言っても過言ではないでしょう。